研究助成実績

1989年に初年度の研究助成を行って以来、累計400件以上の研究助成を通じて、科学技術の発展に寄与しています。

令和2年度 助成一覧

令和2年度 研究助成

【第1課題】光科学の未知領域の研究 ―とくに光の本質について―
(敬称略)
名前 所属 研究テーマ
遠藤 護 東京大学 大学院工学系研究科 光周波数コムによる連続量光量子情報処理技術の確立
中嶋 善晶 東邦大学 理学部 革新的な中赤外分光実現に向けた光コム光源技術の開発
石井 あゆみ 桐蔭横浜大学 高効率・多機能アップコンバージョン光技術の創成
馬越 貴之 大阪大学 大学院工学研究科 新奇広帯域ナノ光源で拓く高感度吸収センシング
今井 喜胤 近畿大学 理工学部 磁場応答特性を有する革新的円偏光発光材料の創成
彦坂 泰正 富山大学 教養教育院 放射光による軟X線領域のコヒーレント制御
松井 裕章 東京大学 大学院工学系研究科 固液界面技術を用いた酸化物半導体ナノ粒子の近赤外表面プラズモン制御
松原 正和 東北大学 大学院理学研究科 磁性体メタマテリアルの開発と超高速室温光スピントロニクス
平尾 岳大 広島大学 大学院先進理工系科学研究科 凝集誘起型円偏光発光光源の開発
田中 駿介 東京大学 物性研究所 位相制御したテラヘルツ光による表面化学反応の制御
四竈 泰一 京都大学 大学院工学研究科 ドレスト水素原子発光スペクトルを用いたプラズマ中のマイクロ波電場計測法の開発
五月女 光 大阪大学 大学院基礎工学研究科 累積型光励起技術による多光子ダイナミクスの高感度計測法の開発と応用
【第2課題】光科学技術による生命科学分野の先端研究
(敬称略)
名前 所属 研究テーマ
森川 久未 産業技術総合研究所 生命工学領域 iPS 細胞心臓オルガノイドでの光操作技術による位置特異的遺伝子ノックアウト技術の開発
浅川 和秀 東京医科大学 光遺伝学を用いた筋萎縮性側索硬化症(ALS)モデルの開発
鈴木 基高 ベルリン・フンボルト大学 生物学部 極小光学プローブを用いて脳領野間の並列投射の謎を解明する
三上 秀治 北海道大学 電子科学研究所 4D 光観察・光操作の融合による包括的神経系制御法の開発
大友 康平 自然科学研究機構 生命創成探求センター アドオン型高速ボリュームイメージングデバイスの開発
毛内 拡 お茶の水女子大学 基幹研究院自然科学系 脳組織の光学特性から水組成変性を可視化する光科学技術
高橋 淑子 京都大学 大学院理学研究科 オプトジェネティクスを用いた腸運動改善に向けた基盤技術の開発
丸山 美帆子 大阪大学高等共創研究院 隕石学的手法による尿路結石形成機構の解明を実現する光技術の開発
渡部 裕輝 山形大学 大学院理工学研究科 レーザー走査型リアルタイム光音響位相差顕微鏡の開発
内匠 透 神戸大学 大学院医学研究科 光遺伝学を用いたネットワーク光制御システムの構築
上原 日和 自然科学研究機構 核融合科学研究所 生体計測用・中赤外ランダムレーザーの開発
夏堀 晃世 東京都医学総合研究所 生体光計測と光操作によるセロトニン神経の代謝調節機構の解明
松尾 和哉 北海道大学 電子科学研究所 革新的ケミカルツールによる光細胞治療
田村 和輝 浜松医科大学 光学的手法を用いた定量機械物性顕微鏡の開発
佐藤 達雄 モナシュ大学 バイオメディシン・デスカバリー研究所 測光と光操作の同時並行による単一細胞樹状突起棘の視覚情報処理解明
石内 俊一 東京工業大学 理学院 プラズモンイオン化による高面分解能質量イメージング法の確立
稲生 大輔 金沢大学 医薬保健研究域医学系 多様な神経伝達物質の高感度測定を実現する蛍光センサーの網羅的開発
渡邉 朋信 広島大学 原爆放射線医科学研究所 光計測による低線量放射線障害を予測する揺らぎ因子の同定
松井 広 東北大学 大学院生命科学研究科 グリア細胞活動光操作・光計測による脳病態制御機構の解明

令和元年度 研究助成(継続)

【第1課題】光科学の未知領域の研究 ―とくに光の本質について―
(敬称略)
名前 所属 研究テーマ
武田 俊太郎 東京大学 大学院工学系研究科 プログラム可能なループ型光量子コンピューターの実現
高橋 陽太郎 東京大学 大学院工学系研究科 テラヘルツ光の新しい非相反光学現象
東口 武史 宇都宮大学 超広帯域ベクトルビームの幾何学的位相制御
岩國 加奈 電気通信大学 レーザー新世代研究センター 分子の非線形応答観測のための光コムを用いた中赤外光波形測定
久世 直也 徳島大学 ポストLEDフォトニクス研究所 マイクロ波周波数コムを用いた高速、広帯域、高精度分光法の開発
内田 紀之 東京農工大学 工学部 リン脂質膜の相転移を用いた標的認識型ハイドロゲルフォトニックセンサー
吉井 一倫 徳島大学 ポストLEDフォトニクス研究所 全環境対応型アト秒光電場任波形発生器の開発
斎木 敏治 慶應義塾大学 理工学部 プラズモニックフルカラー動画表示機能の実証
堀尾 琢哉 九州大学 大学院理学研究院 サブナノ金属粒子の光触媒能の探求
山﨑 優一 東京工業大学 理学院 レーザー支援原子運動量分光の開発による強光子場と分子の相互作用の研究
木村 真一 大阪大学 大学院生命機能研究科 新規内殻共鳴分光法の開発と中間状態の電子状態の検証
田中 守 名古屋市立大学 医学部医学科 第3世代光感受性物質による癌細胞超選択的光線力学治療法の開発と応用
林 侑介 大阪大学 大学院基礎工学研究科 高効率深紫外コヒーレント光源に向けた窒化物半導体光デバイス
藤岡 慎介 大阪大学 レーザー科学研究所 マルチピコ秒レーザーと磁化プラズマの相互作用による超高強度電子ビームの生成
解良 聡 自然科学研究機構 分子科学研究所 赤外紫外共鳴光電子顕微鏡の開発
【第2課題】細胞間あるいは分子間の情報伝達についての研究
(敬称略)
名前 所属 研究テーマ
實吉 岳郎 京都大学 大学院医学研究科 核内情報伝達の光操作による記憶の書き込みと呼び出し
加藤 英明 東京大学 大学院総合文化研究科 神経調節因子間クロストークの謎を解明するための革新的イメージングツール開発
小澤 貴明 大阪大学 蛋白質研究所 高速光イメージングによるモノアミン測定を用いた精神疾患メカニズムの解明
西原 諒 産業技術総合研究所 非侵襲的癌発光検出システムの開発
原田 一貴 東京大学 大学院総合文化研究科 蛍光タンパク質センサーを用いた神経代謝活動の病態解明
田村 啓太 スイス連邦工科大学ローザンヌ校 生命科学学部 網羅的光操作と広域光画像計測で解明する広域皮質回路の機能的な組換え
羽鳥 恵 名古屋大学 トランスフォーマティブ生命分子研究所 網膜の概日光受容体の機能解析
宇梶 裕 金沢大学 理工研究域物質化学系 合成化学を基盤とする“植物の眼”フィトクロムの光情報伝達機能の解明
大川 宜昭 獨協医科大学 先端医科学統合研究施設 複数の脳領域間を跨いだセル・アンサンブルによる認知情報表現様式の解明
近藤 健 大阪大学 産業科学研究所 光形態変化触媒の創製と応用-光科学による触媒科学のパラダイムシフト-
坂本 雅行 東京大学 大学院医学系研究科 全光学的な神経活動操作・記録法の開発と応用
西川 恵三 同志社大学 生命医科学部 細胞外酸素環境の変動がもたらす生体応答変化の in vivo イメージング研究
藤原 郁子 大阪市立大学 大学院理学研究科 細菌の螺旋推進運動と力の伝達機構を蛍光イメージングで理解する

これまでの研究助成件数・金額の推移

(件:万円)
研究助成
応募 新規 継続 総額
令和2年 144 31 28 5,000
令和元年 125 28 34 5,000
平成30年 101 34 26 5,000
平成29年 113 26 29 5,000
平成28年 115 29 24 5,000
平成27年 111 25 30 4,998
平成26年 118 31 28 5,000
平成25年 122 28 29 4,960
平成24年 98 29 28 5,000
平成23年 72 28 15 5,000
平成22年 72 15 13 4,000
平成21年 38 13 20 4,010
平成20年 85 21 20 5,000
平成19年 69 20 14 5,005
平成18年 62 15 12 3,200
平成17年 41 12 10 3,070
平成16年 49 10 9 2,950
平成15年 34 10 10 2,950
平成14年 45 10 9 3,000
平成13年 36 10 6 3,000
平成12年 31 6 8 3,000
平成11年 31 8 6 3,000
平成10年 30 7 6 3,140
平成9年 16 7 8 2,600
平成8年 46 8 7 3,034
平成7年 31 10 3 2,995
平成6年 43 7 7 2,927
平成5年 34 7 6 3,100
平成4年 36 6 6 3,000
平成3年 44 6 6 2,900
平成2年 34 6 4 2,900
平成元年 13 4 - 2,654
2,039 507 461 121,393

報告講演会の開催について

研究助成の研究成果 報告講演会

目的 助成を行った研究について、その成果の報告講演会を開催しています。
開催月 毎年3月初旬
開催地 静岡県浜松市