研究助成実績

1989年に初年度の研究助成を行って以来、累計400件以上の研究助成を通じて、科学技術の発展に寄与しています。

平成29年度・28年度(継続) 助成一覧

平成29年度 研究助成

【第1課題】光科学の未知領域の研究―とくに光の本質について
(敬称略)
名前 所属 研究テーマ
木口 学 東京工業大学 理学院化学系 単分子接合を利用した表面増強ラマン散乱における増強機構の解明
安田 琢麿 九州大学 稲盛フロンティア研究センター 高効率円偏光有機LEDの開発
堀切 智之 横浜国立大学 大学院工学研究院 光量子ネットワークに必要な量子もつれ光源と極限効率インターフェース開発
岡本 純一 ハンブルク大学 レーザー物理研究所 中赤外光レーザーによる光誘起量子相転移の理論的研究
大津 元一 一般社団法人 ドレスト光子研究起点 オフシェル領域の場の統一的理解に基づくドレスト光子の新理論構築
岳藤 一宏 情報通信研究機構 電磁波計測研究所 宇宙メーザーの増光時状態を相互相関分光法により探る
Garmon Savannah 大阪府立大学 大学院理学系研究科 粒子・輻射場強結合複合系における光渦放射の複素スペクトル理論
植田 研二 名古屋大学 工学研究科 ダイヤモンド/グラフェン接合を用いた光検出と記憶を同時に行う新規受光素子の作製
山崎 裕一 (国研)物質・材料研究機構(NIMS) コヒーレント軟X線光渦による磁気イメージング手法の開拓
小川 和久 北海道大学 情報科学研究科 時間領域における古典光の複素振幅および単一光子の波動関数の直接測定
三浦 篤志 北海道大学 大学院理学研究院 光分子配向制御によるタンパク質のレーザー誘起時空間制御結晶化
齋藤 崇宏 北海道大学 大学院医学院 消化器腫瘍に対する蛍光スペクトル測定を用いた腹腔鏡型術中光線力学的診断法の開発と応用
水瀬 賢太 東京工業大学 理学院化学系 新規振動回転イメージング分光法を用いた窒素分子の関わる分子間相互作用の解明
安川 雪子 千葉工業大学 工学部 プラズモンおよび光局在状態のアシストによる新規磁気特性
【第2課題】細胞間あるいは分子間の情報伝達についての研究
(敬称略)
名前 所属 研究テーマ
鍋倉 淳一 自然科学研究機構 生理学研究所 生体内神経細胞の3次元光刺激法の構築と感覚情報処理回路の埋め込み
村越 秀治 自然科学研究機構 生理学研究所 光操作分子で複雑なシグナル伝達機構をシンプルに解く
見学 美根子 京都大学 高等研究院 近赤外光によるニューロン1細胞の遺伝子発現誘導系の開発
小野 大輔 名古屋大学 環境医学研究所 発光タンパク質を用いた非侵襲的光計測法の開発
徐 岩 宮崎大学 医学部 蛍光イメージングにより実現する革新的癌診断技術の開発
安田 充 関西学院大学 理工学部 微生物社会の理解に向けた超薄膜バイオラマン増強が招く可能性
岩脇 隆夫 金沢医科大学 総合医学研究所 ミトコンドリア異常を捉える生体イメージング技術の開発
紅林 佑希 静岡県立大学 薬学部 生細胞内の高精度イメージング技術の開発によるウイルス感染機構の解析
鈴木 健一 岐阜大学 研究推進・社会連携機構 高速1分子イメージングによる細胞内情報伝達制御システムの解明
細川 智永 理化学研究所 脳科学総合研究所 精神疾患の治療を目指したシナプス形態の光操作
Le ThuHacHuong 理化学研究所 光量子工学研究領域 単一細胞の動的挙動解析に向けた超高感度・高空間分解能の赤外分光イメージングシステムの開発
中根 大介 学習院大学 理学部 視覚を備えたバクテリア

平成28年度 研究助成(継続)

【第1課題】光科学の未知領域の研究—とくに光の本質について
(敬称略)
名前 所属 研究テーマ
財津 慎一 九州大学 大学院工学研究院 連続発振ラマンコムを利用した光シンセサイザーの開発
宮内 雄平 京都大学 エネルギー理工学研究所 カーボンナノチューブの近赤外アップコンバージョン発光を用いた生体深部の高解像イメージング手法の開拓
井手口 拓郎 東京大学 大学院理学系研究科 単一共振器によるデュアル光周波数コム発生の研究
和達 大樹 東京大学 物性研究所 放射光X線の偏光スイッチングを利用した磁性・スピンダイナミクスの研究
小倉 裕介 大阪大学 大学院情報科学研究科 サブ回折限界光シートの生成と顕微鏡応用
清水 亮介 国立大学法人 電気通信大学 量子もつれ光子に対するフーリエ二重性の研究
山下 太郎 国立研究開発法人 情報通信研究機構 未来ICT研究所 量子光学回路に向けたモノリシック超伝導光子検出器の開発
羽島 良一 国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 赤外自由電子レーザーによるアト秒・ゼプト秒X線発生へのアプローチ
近藤 敏彰 首都大学東京 光電磁石の創成
山本 条太郎 北海道大学 大学院先端生命科学研究院 新規シングルショット蛍光偏光相関分光装置の開発
田邉 一郎 大阪大学 大学院基礎工学研究科 遠紫外プラズモンの物質選択的超高感度センサーへの応用
山下 将嗣 理化学研究所 光量子工学研究領域 高強度テラヘルツ光を用いたトポロジカル物性制御法の開拓
越水 正典 東北大学 有機無機界面における励起共鳴状態の実現
星野 翔麻 東京工業大学 理学院 コヒーレントチャープパルス光源を用いた分子振動波動関数の実空間イメージング
板倉 隆二 国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 量子ビーム科学研究部門 関西光科学研究所 真空紫外領域の高次高調波による高密度高励起状態の超高速実時間追跡
【第2課題】細胞間あるいは分子間の情報伝達についての研究
(敬称略)
名前 所属 研究テーマ
McGlynn Shawn Erin 東京工業大学 地球生命研究所 1細胞イメージングで明らかにする、直接的な電子移動反応に基づく効率的かつ持続的な異種微生物間相互作用
大木 規央 横浜市立大学 大学院生命医科学研究科 光遺伝学による細胞内のセカンドメッセンジャー分子の制御
今村 博臣 京都大学 生命科学研究科 単一細胞蛍光代謝分離法を用いた細胞内代謝制御システムの解析
相馬 洋平 東京大学 大学院薬学系研究科 光酸素化触媒を利用したアミロイド凝集体の生命機能解明研究
玉置 信之 北海道大学 電子科学研究所 分子ロボットに視覚と知能を与えるための光応答性化合物の研究
榎本 秀樹 神戸大学 大学院医学研究科 生体イメージングによる膜受容体RETの器官形成制御機構の解明
平井 大地 国立研究開発法人理化学研究所脳科学総合研究センター 皮質トップダウン入力による記憶固定化メカニズムの究明
林 康紀 京都大学 医学部システム薬理学分野 シナプス記憶の光消去
上田(石原) 奈津実 名古屋大学 理学研究科 空間弁別学習を制御する情報伝達機構の解明
淺川 東彦 大阪大学 大学院生命機能研究科 蛋白質の化学修飾を生細胞内で可視化する新規蛍光プローブの開発
広瀬 侑 豊橋技術科学大学 大学院工学研究科 フォトーム解析による光スイッチの包括同定
村上 緑 名古屋大学 大学院理学研究科 新しいGPCR光遺伝学ツールの創製
浜田 俊幸 北海道大学 大学院医学研究科 リアルタイムに乳癌を検出する組織密着型センサーシステムの開発と応用
筒井 秀和 北陸先端科学技術大学院大学 光パルスで細胞に結晶を作らせる

これまでの研究助成件数・金額の推移

(件:万円)
研究助成
応募 新規 継続 総額
平成29年 113 26 29 5,000
平成28年 115 29 24 5,000
平成27年 111 25 30 4,998
平成26年 118 31 28 5,000
平成25年 122 28 29 4,960
平成24年 98 29 28 5,000
平成23年 72 28 15 5,000
平成22年 72 15 13 4,000
平成21年 38 13 20 4,010
平成20年 85 21 20 5,000
平成19年 69 20 14 5,005
平成18年 62 15 12 3,200
平成17年 41 12 10 3,070
平成16年 49 10 9 2,950
平成15年 34 10 10 2,950
平成14年 45 10 9 3,000
平成13年 36 10 6 3,000
平成12年 31 6 8 3,000
平成11年 31 8 6 3,000
平成10年 30 7 6 3,140
平成9年 16 7 8 2,600
平成8年 46 8 7 3,034
平成7年 31 10 3 2,995
平成6年 43 7 7 2,927
平成5年 34 7 6 3,100
平成4年 36 6 6 3,000
平成3年 44 6 6 2,900
平成2年 34 6 4 2,900
平成元年 13 4 - 2,654
1,669 414 373 106,393

報告講演会の開催について

研究助成の研究成果 報告講演会

目的 助成を行った研究について、その成果の報告講演会を開催しています。
開催月 毎年3月頃
開催地 静岡県浜松市